わたしの健康歴史

不健康時代の症状

1998年〜2007年の不調時代 いつのまにかその状態が普通になっていたため、不健康だということに気づいていなかった…。

・たまに膝痛

・ぎっくり腰

  (見た目によらず力があるが、これを機に力は発揮しないことに)

・顎関節症

・ややウツ? 友達に会うのや、遊びにいくのがおっくうになる

・ひどく眠く、休日はよく昼寝をする

・友達と会っていてもよくあくびが出る

・過敏性腸症候群(自己判断)

・突発性難聴

ある時「いつもお腹がゆるいけど、これ普通じゃなくない?」と気づく。

自分の症状を検索してみると、どうやら「過敏性腸症候群」だと知る。

そして、突発性難聴を発症。

どちらも "ストレス" が原因のひとつであるため

薬に頼っていては完治することはないと感じ、人生ではじめて健康について意識しはじめる。

2007年

転機がおとずれる

・アレルギー性鼻炎

  (病院で治療:薬でやや改善、粘膜を取る手術を勧められるが断る)

・よく風邪をひく

・冷え性

・生理痛がひどく、気分が悪くなることも。毎月ゆううつだった…。

 ( 毎月薬を服用していたせいか効き目がなくなる)

・肩こり、首こり

・偏頭痛、肩こりからくる頭痛

・腰痛(好きな散歩があまりできなくなる)

​・のどに違和感をかんじ、突然むせる

2015年頃

まさかのリバウンド現象!?

冷え性、肩こりが少々あるが規則正しい生活も送れて

体が軽く、心までも軽い!気分がよい♪

2014年頃

健康法を試して約7年後に快適な体を取り戻す

とあるストレスをきっかけに過食になってしまう。人生史上、初の大食い!

食は細いほうだったのに…。

ストイックに健康法に取り組み過ぎたせいもあったり、

健康なった! と気が緩んでいたのもあって

なんだか、どんどんゆるい健康生活になっていく。

ダイエットのリバウンドならぬ、健康のリバウンド現象!?

(何事も度がすぎると反動がくるらしい…。)

 

また快適な体へと立て直しを図るため、生活を見直す

​今度はストイックではなく、無理せず体と心の声をきちんと聞くことにする。

私が健康になったのは、体を温めて体温を高く保つようになったことが大きい。

 

でも、健康に目覚めるきっかけとなった「ストレス」についての対処法を全くできていなかったようです…。

せわしなく過ごしてきて、すっかり忘れていた「休息をとること」「リラックスすること」が

​今後の私の課題となりそうである。

RSS Feed
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitter - Black Circle

 Rika Ishii All Rights Reserved.

当サイトにあるイラストなどの著作権は 石井里果に帰属します。